新聞社の取材を受けました |山中工務店

取材等の依頼がきても断っていましたが、約20年ぶりぐらいに新聞社の取材を受けました。
記事ができ次第、ブログでも紹介したいと思います。

取材では、経営方針や営業方針などの一般的なことと、
京都の独特の建物や、町並みについてなど
の質問に応えました。

東京の記者だったので、京都独特の建物や町並みに非常に
興味をもたれたようです。
特に、町屋の再生リフォームや、古材を使ったリフォームなど
古いものを大切にする考え方などに共感をもたれていました。

取材を受けて、やはり、古い建物を活かす努力をするのが
弊社の社会に対する貢献だと再認識しました。


趣味の風景写真ギャラリー
山中工務店オフィシャルサイト



2006/08/29(Tue) 09:22:41 | 日記 | Trackbacks:0
[PR]|建築|住宅|茶室|町屋|店舗

KYOTO JAPAN | A tea-ceremony room and Japanese traditional sukiya-style house design and construction|Italy
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ

問合せメールより |山中工務店

ブログに関する質問メールが届きましたので、
回答を添えてご紹介します。

******メール原文**************************************************

ブログを拝見しまして質問がございます。

06/02/03のI邸筋交いの写真についてですが筋交いプレートの固定は釘打なのですか?釘打の場合「報道ステーション」にて実際の家を耐震実験していたのですが釘打では抜け落ちてるのを報道されております。数年前実家の建て替えの時点でも筋交いプレートはボルト留めが普通と聞いていただけに他人の家なのに心配です。それに筋交いプレートも貧弱だと思われます。同じ写真の3枚目ですが基礎からのアンカーボルトが中心に通ってません・・・それ以外にはアンカーボルトが曲がってるように見受けられますしこれも中心を貫いておらずまた基礎のアンカーも位置的に見ても基礎の中心になくコンクリの被りが少ないように見受けられます。素人目の判断でも「ずさんなやり方」だと思うのですが・・・。

京都の知人に山中工務店様のことは良く伺っており建てるなら紹介するよとまで言われており個人的にも数奇屋建築が大好きなので是非と思っていただけに少々落胆気味です。

「所詮他人が建てる家」と軽く見てはいないでしょうか、ウンチクを語る・工期について語る・数奇屋建築が好きだと語る前に今一度施主側に立って考える必要があるのではないでしょうか?

******メール終了**************************************************

ブログの内容を熟読して頂いてありがとうございます。
質問に関する回答です。

******メール回答**************************************************

弊社におけまして木造建築物を計画した段階で全て構造計算を行っています。
補強金物に対しては全て住宅金融公庫の指定金物『Z金物』を使用しています。

ご指摘の筋交いは90*45mm材です。
この場合は補強プレート及び抜け止め釘もZ金物を写真のように使用します。
但し、大断面の筋交いの場合はボルトを使う必要があります。

引抜きボトルの偏心のご指摘に対し、写真の部分は隣地境界部分の土台、
柱及び基礎です。基礎及び土台が外部面合わせの為、基礎芯と土台芯が
偏心します。この為写真で見て頂いた曲がった金物で調整します。

弊社としては、現在の金物補強木造に対して疑問を持っていますが、
施工者、大工等の技術が大変落ちてきましたので、誰が施工しても、
金物さえ入っていればOKという風潮は如何なものかと思っております。

お客様に喜んで頂ける建物を提供する為に、
日々レベルアップに努めてまいります。

ご質問頂きありがとうございました。


趣味の風景写真ギャラリー
山中工務店オフィシャルサイト


2006/08/13(Sun) 21:36:42 | 日記 | Trackbacks:0
[PR]|建築|住宅|茶室|町屋|店舗

KYOTO JAPAN | A tea-ceremony room and Japanese traditional sukiya-style house design and construction|Italy
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ

Profile

KIAN Bamboo Teahouse

竹の茶室 帰庵

Blog Mura

Recommended Books

めづめづ和文化研究所 京都
取材協力をしました。
出版社:情報センター出版局
価格:1050円(税込)

お茶のお稽古 茶道入門―すべての所作がやさしくわかる
お茶のお稽古 茶道入門―すべての所作がやさしくわかる
著:松井宗幸
滴々庵:山中工務店設計施工

一個人 (いっこじん) 2010年 08月号
一個人「茶の湯」入門 2010年8月号
滴々庵:山中工務店設計施工

淡交 2012年3月号
淡交 2012年3月号
心猿庵:山中工務店設計施工

Facebook Page

Search

New Entries

Categories

Archives(3994)

Link

Comment

awasete

フィードメーター - 京都・山中工務店の活動日記とお客様の声